carrie

はいボスです!

本日は映画、「キャリー」について書いていきたいと思います。

部類は「サイコキネシス(念動力・超能力)」なので「ミステリー」になるのかなとは思います。

リメイクされた「キャリー」の映画が2014年、初代キャリーは1976年の映画で画質から内容からまぁまぁ古い感じなんですけど、リメイク版は良くできてます!

個人的にはリメイク版の方がやはり見やすいですね。なかなか忠実に再現されています。

それではあらすじといいますか、感想なども踏まえて書きます。

スポンサーリンク

「キャリー」という高校生の女の子がメインです。

彼女は内気でとても不器用。更に母親まで変わり者ということでクラスの人から「いじめ」を受けています。

ある日彼女は授業の運動の後のシャワー室で初潮を迎えます。が、普通なことを彼女は知らなくて「自分は死ぬ」と思い込み、クラスメイトに助けを求めます。

しかしクラスメイトは普通のことを知らない彼女をバカにします。ナプキンなどを投げ、錯乱する彼女を笑いものにします。

先生が騒ぎを聞きつけ彼女を落ち着かせます。そして彼女をバカにした女子生徒に罰として一週間の居残りを命じます。

不服に感じた1名の女子生徒は嫌がり放棄したため、その1週間後の「プロム」に参加できなくなりました。

「プロム」とは高校生最後の年にパートナーと参加するパーティーです。

女子生徒は自分がプロムに行けなくなったのは全てキャリーのせいと決めつけ恨みます。そして彼女を陥れようとします。

キャリーの母親は妄信的なキリスト教で、異性交遊禁止。交友にもとても厳しくしていて、娘に初潮がきたと知ると「穢れた」とし罰を与えるほど。

初潮が来たと同時に不思議な力をつけたキャリー。初めは気づかず、ものが割れたり動いたりしました。そして母親からの罰に反応して力が強くなります。

力に気づいたキャリーは色々と調べ始めます。

そんな時、いじめたうちの1人の少女がキャリーに対してとても深く反省し、自分よりもキャリーに最後の良き思い出を作ってもらいたいと彼氏に相談。そしてキャリーをプロムに誘うように言います。

不満を感じつつも彼女の願いをかなえようと男はキャリーを誘います。

初めは断っていたキャリーも心を開き、プロムへ行くことを承諾。

母親は猛反対でキャリーを閉じ込めようとしますが、自分の力に気づいたキャリーは母親に刃向かいます。

その力をみた母親は「悪魔・魔女」とキャリーを罵倒しますが、耳を貸さないキャリー。

プロムの日、男が迎えにきて驚きます。キャリーがとてもきれいになっていたから。(恋する乙女は美しくなる?)

会場でもみんなが驚きつつも楽しんでしました。が、恨みを持った女子生徒が友人と彼氏と結託し、キャリーを陥れます。

幸せの絶頂から地の底へ落ちたキャリーは暴走。(とても有名なシーンがここです)

会場にいた生徒・先生を見境なく力で殺していきます。

ショックを受けながらも家に帰りつくキャリー。

母親に「自分がバカだった」と泣き崩れすがります。が、母親は「悪魔を殺さねば」と油断したキャリーを刺します。

何がおこったか分からないながらも逃げまどい助けを求めるキャリーですが、母親は聞く耳もたず襲ってきます。

キャリーは母親を殺してしまいます。

そしてその後悔の念にかられ、家ごとつぶして自害します。

・・・というアンハッピーな映画なんですけど、この映画も色々と考えさせられる映画です。

いじめから逆恨み。自負の念から親切にしたら残酷な結果に。キレて味方だった人まで殺してしまう。

そして「キャリー2」が出ます。

これは初代から20年後にできた作品。

主人公の女の子は普通。しかし母親は精神を病んだ人で、病院に入院。

里親に引き取られ普通の生活を送っていたけど、親友が自殺。

なぜか分からなかったけど、調べたらラグビー部の男たちが関係していると知る。

しかしその中の1人が彼女に惚れます。しかし男に惚れている女が1人。

男が冴えない女に夢中だと知ると恨み始めます。そして親友の自殺にかかわったとされる他のラグビー部の男達と結託し、陥れようとします。

内容はちょっとエロティックな部分がありますので見て頂きたいw

キャリー1に出てきた女子生徒が先生役で出ていたり、キャリーの父親と「キャリー2」に出てきた主人公の父親が同じであること。最後に「愛」を知って助けるシーンなど、見所満載!しかーし!!!父親出てこない!!!

力を遺伝させた父親が出てこないんですよ。「遺伝」ってことは父親にその力があるってことなんで、もしかしたら「キャリー3」がまた出てくるかも?!しかもすでに2人の子供で消えてるってことは「遊び人」ってことなんで。。。。。

若干「おい」って思いますけど、続きが出て欲しいと思ってます。

リメイク版はラスト少し感動できるシーンもあるので、是非とも全部見て欲しいなと思います^^

以上!

スポンサーリンク